ペットの為のフローリング

ペットの為にフロアコーティングを行いましょう。そしてペットに優しいフローリングにしましょう。 - ペットからフローリングを守るのにぴったりなのは?

ペットからフローリングを守るのにぴったりなのは?

室内犬を飼っている、だけどフロアコーティングもしたい。そしてペットの健康にも配慮しながら、フローリングを美しく清潔に保ちたいときはどのコーティング方法が一番最適なのでしょうか。
●とにかくペットの爪からフローリングを守りたい場合
もっとも傷がつきにくいのはUVコーティングです。UVコーティングの表面高度は7Hとコーティング方法の中ではとても硬い部類に入ります。そして塗膜の厚さが40ミクロンともっとも厚いのが特徴です。ちなみにガラスコーティングは5ミクロン程度です。そして通常使用の場合、その耐久性は20年から30年といわれています。もちろんペットと同居をすると耐久年数は減ってはしまいますが、丈夫で長持ちということを一番に考えたとき、最適なのはUVコーティングです。
そしてペットの健康を考慮した場合におすすめなのがシリコンコーティングです。シリコンは滑りにくい上に医療器具でも使われているほど安全性の高い素材です。しかし耐久年数は10年から15年と短くなります。ペットと同居する場合およそUVコーティングの半分ほどになります。しかし、ペットの寿命を考えた場合はこのシリコンを選ばれたほうがちょうどいい場合もあるかと思います。
●ペットのおしっこからフローリングを守りたい場合
pjtyd
室内で動物を飼うときに避けられない問題は「トイレ」の粗相です。また、体調不良のペットが吐いてしまうときもあります。このような問題の対策方法としてフロアコーティングの最高峰、次世代高性能ガラスコーティングのクリーンリバブルは本当にお勧めです。何もコーティングされていない床だときれいに拭いたつもりでも床下に尿の成分が染み込んでしまい、変色やにおいの原因となります。ちなみ尿の問題を考える時、コーティングならどれを選んでも心配はありません。
近年室内で犬や猫を変われる方が非常に増えています。フロアコーティングをしてフローリングを長持ちさせたいけど、ペットに悪い影響がないか心配になりますよね。大事なペットの健康や生活を守りながら、きれいなフローリングを保ちたいときに最適なフロアコーティングっていったいどんなものなんでしょうか。
現状ではペットのためだけに開発されたコーティング方法というのはありません。ですから各業者はそれぞれ普通のコーティング方法をペットにぴったりといって宣伝しているのが現状です。ですから既存のコーティング方法の中でどのコーティング方法が自分の家や目的にぴったりなのかちゃんと知っておく必要があります。
●すべる床からペットの足腰を守りたい場合
犬や猫の足の構造は滑りやすい床で暮らすには適していません。もともとは野外で暮らす動物ですから当たり前ですよね。そのためにあまりにもよく滑る床の上で生活するペットは、時に関節炎や椎間板ヘルニアになってしまうことがあります。そのためにまずはペットの足腰を守りたいという場合、一番のお勧めはシリコンコーティングです。シリコンなら何も施していないフローリングの床と比べると2倍近く滑りにくくなっています。
●床の安全性を重視する場合
人間と違い犬や猫などのペットは床に口が近い距離で生活をしています。だからこそ床の素材は安全性の高いものにしたいですよね。その場合でもシリコンコーティングが高い安全性を持っています。シリコンはコンタクトレンズや医療器具などにも使われる材質なのでペットの健康を守るために適しているといえますね。

更新情報

[2015-03-23]
ペットからフローリングを守るのにぴったりなのは?の情報を更新しました。
[2015-03-23]
小さな子供がいるけどフロアコーティングできる?の情報を更新しました。
[2015-03-18]
当サイト更新者プロフィールの情報を更新しました。
[2015-03-18]
ペットとの暮らしにフロアコーティングの情報を更新しました。
[2015-03-18]
自分でフロアコーティングってできないの?の情報を更新しました。
ページ上に戻る